前へ
次へ

肩こりの原因にはどのようなことがあるのか

ひどい肩こりが生じると、肩が痛いだけではなく頭が重くなったり、場合によっては手のしびれが出てくる人もいるでしょう。肩こりが発生する原因には様々なことがありますが、その一つ目に1日中同じ姿勢でいることが挙げられます。簡単に言うとこれは運動不足のことで、1日中デスクワークを行うなど、座ったまま動かないでいることが原因になることがあります。動かなければ筋肉の緊張状態が長く続いてしまうので、これにより血行も悪くなり肩のこりにつながります。特にデスクワークとなると、腕を前に出した姿勢で前かがみになる傾向があります。このような姿勢をずっと続けていれば、肩もこり固まってしまうことでしょう。また血行の悪さや冷え症なども肩こりにつながることがあります。冷え性と聞くと女性の中に悩んでいる人が多いと思うかもしれませんが、現在はどのような場所にいっても一年中エアコンが効いているといっても過言ではありません。真冬以外の時期に冷房が入っているところも非常に多く見られます。会社などで1日中室内にいれば、女性に限らず体は冷えてきてしまうことでしょう。体の冷えは血行が悪くなっているということでもあり、血行が悪くなれば筋肉も緊張しやすくなり、姿勢の悪さと相まって発生しやすくなります。そして目の疲れから生じていることもあるでしょう。目が乾いたり、悲しくないのに涙が出てくる、目がしょぼしょぼするなどのような症状に悩まされている人も多いかもしれません。長時間何かを凝視しているとこのような症状がおこることがあり、これらが肩こりを誘発している可能性もあります。直接関係がないように思えるかもしれませんが、ストレスが原因で発生することもあります。人間はストレスを感じると無意識のうちに体に力を入れています。特にストレスを感じやすい場合には、常に体が緊張状態に陥っていって、肩がこりやすくなっています。少しのことでもストレスを感じやすい場合には十分に注意しましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top