前へ
次へ

肩こりの慢性タイプの急性タイプの対処の違い

身体に表れる様々な症状として腰痛や膝の痛みなどがありますが、これらは加齢による原因が大きいです。ですが加齢とは関係なく様々な世代の人が発症する症状として肩こりがあります。肩のこりは痛みや固さといった症状がみられ、それらを改善することで症状を軽くしたり改善することも可能です。一般的な肩こりは継続した姿勢が原因の場合がおおく、徐々にこりや痛みが強くなっていく傾向があります。そのため痛みやこりが小さいうちに対策することで改善は可能です。特に慢性タイプの場合は血行不良が原因になっているので、対処方法として温めることが基本となります。逆に突然痛みやこりの症状が表れるタイプもあります。急性タイプと呼ばれる肩こりであり、突然激しい痛みが伴う事が特徴です。この場合は慢性タイプとは逆に温めるのではなく、対象方法としては冷やすことがポイントになります。逆に慢性タイプと同じように温めてしまうと悪化する可能性があるので対処法には注意が必要です。

Page Top