前へ
次へ

肩こりと四十肩に違いはあるのか

ある朝に服を着ようとすると肩が上がらなくて着られなくなる時があります。若い人は起こりにくいですが、40歳以降の人に良くある症状とされています。一般的には四十肩や五十肩とされていて原因ははっきりとわかっていません。この症状に関しては発症した日は1日痛みが続くものの次第に引いていきそのうち痛みはなくなります。ただその後もたまに発生することはあるようです。肩に発生する痛みであることから肩こりと考える人もいるようです。肩こりに関しては年齢に関係なく発生し、子供でも症状が出ることはあります。一方肩が上がらないほど痛みが出るとなると中高年以上でないと起きにくく、こちらは恐らく老化現象が原因ではないかとされています。長く生活していると骨などが削れることがあり、それが影響しているのかもしれません。肩こりは同じ姿勢を取り続けたりして血行不良や筋肉のこわばりによって起こる症状です。肩周辺を動かしたりすれば症状を解消できるでしょう。

Page Top